「改憲2020実現 東京大会2018」開催

 

憲法改正の時は近づいた

 11月3日(土・祝)、日本国憲法公布72周年の日に、「改憲2020実現 東京大会2018」(主催:同実行委員会)が東京・永田町で開催され、若者を中心に約200名が参加しました。

 

 午後2時から開会した大会は、昨年に引き続き行われ、「日本の未来のために、若者たちが立ち上がり、2020年の改憲を実現しよう!」をテーマに、さらに今年は「消さない、憲法改正の灯(ともしび)」をキャッチコピーに、憲法改正への機運をさらに高めていく場として企画されました。

 

 司会による開会宣言、全体での国歌斉唱に続き、大会実行委員長の松本康氏(国際勝共連合 事務総長)から今大会の意義などが説明されました。  

 

 来賓紹介に続いて、2名の国会議員からの祝電が紹介され、

  「次の世代を担う若者たちが、国の基本と方向性を示す憲法に深い理解を示すことに大変意義を感じます。皆様と手を携え、21世紀の日本に相応しい憲法を共に作り上げることを心よりご期待申し上げます」といった文面が読み上げられると、会場からは大きな拍手が起こりました。 

 

 今大会のメインスピーチとして、「誰よりも中国を知る日本人」とも言われる評論家の石平(せき・へい)氏が登壇。40分間の講演の中で、中華人民共和国の歴史に言及しながら、中国共産党政権の野望と脅威から、日本における憲法改正の必要性、憲法第9条の問題などを訴えました。

【石平氏のプロフィール】

1962年、中国四川省生まれ。北京大学哲学部を卒業後、四川大学哲学部講師を経て、88年に来日。95年、神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。2007年、日本に帰化。

2002年に『なぜ中国人は日本人を憎むのか』(PHP研究所)を発表し、中国の反日感情の高まりを警告。以後、中国や日中関係の問題について、講演・執筆活動・テレビ出演などで精力的に展開している。

ツイッターのフォロワーは38万人。

 

 石氏は、戦後、GHQ(連合国軍最高司令官総司令部)の占領下で‟押し付けられた”日本国憲法の歴史的な経緯や問題点に触れた後、「日本が憲法改正しなければならないもう一つの大きな理由は、今の日本国憲法が日本国民、日本国を守ることができないから。(日本国憲法は)日本人自身で、日本国を守ることを破棄させた憲法、日本を無力にする憲法だ」と言及。

 

 さらに「今の日本国憲法を改正しない限り、日本は中国共産党政権の脅威から日本という国を守ることは到底できない」と、中華人民共和国の歴史を例証しながら、再びアジアを支配したいという‟中国の野望”について解説しました。

 

 石氏は「もし中国がアジア、特にアジア周辺の海を支配してしまえば、日本は聖徳太子以来の独立国家としての地位を失う。中国がつくった秩序の中で生きていくしかない」と警告した上で、日本国の独立とアジアの平和を守るためにも憲法改正の必要性を訴え、「ぜひ皆様(若者)の手で、日本人による、日本人のための、日本の憲法をつくってください!」と講演を締めくくりました。

 

 大学生によるスピーチでは最初に、今大会の後援団体である勝共UNITEの新代表に就任した東京大学3年の長澤洋国さんが、「憲法改正の意義と必要性、私たちがなすべきこと」をテーマにスピーチ。勝共UNITEの経緯を振り返りながら、勝共UNITEの初代代表であり、大学の先輩でもあった小村聡士さん(東京大学を今年卒業)の意志を引き継ぎ、「憲法改正への機運を、改めて若者から巻き起こしていきたい」と抱負を語りました。 

 

 続いて、國學院大學4年の女子大生は、大学での保育実習の経験から、現代の家庭問題の深刻さを実感したと証言。家庭問題の解決のためにも憲法に「家族条項」を規定し、国を挙げて家族を保護、尊重し、家庭再建を通じて少子化問題などを克服していくべきだと主張しました。

 

 女子大生は「(来年以降)戦後初の憲法改正を成し遂げた暁(あかつき)には、‟二度目の憲法改正”で『家族条項』を規定し、家族が尊重され保護される本来の日本の姿を取り戻しましょう!」と、訴えを終えました。

 

 大会終盤、大会実行委員の大学生から大会決議案が朗読され(全文はこちら)、同意の拍手によって満場一致で承認。

 

 大会決議文は後日、松本大会実行委員長を通じて国会議員に直接手渡されることになります。国会において与野党の議員が、改憲に向けた合意形成をリードすることが願われます。

 

 最後は「2020年の改憲実現」を祈願して万歳三唱を行い、閉会となりました。

 

 また同日、日本各地の勝共UNITEの若者たちにより、高崎・大阪・京都で改憲を訴える街頭演説が行われたほか、大宮・名古屋で改憲について考える勉強会も開催されました。 

 

【高崎】勝共UNITE JOSHIN-ETSU

 

【京都】勝共UNITE KANSAI

 

【大阪】勝共UNITE KANSAI

 

【大宮】勝共UNITE SAITAMA

 

 勝共UNITEでは、2020年の改憲実現を目指して、来年以降も精力的に活動を展開していきます。 

 

 「消さない、憲法改正の灯」 

 

 日本の未来のために、若者が立ち上がり、2020年の改憲を実現させましょう!