大阪と神戸で勝共UNITE KANSAIが街頭演説

 4月29日(土・祝)、勝共UNITE KANSAIが大阪と神戸で街頭演説を行いました。

 

 午後2時からの神戸市内での演説では、目の前で日本共産党が「9条を守れ」と訴えていましたが、昨今の北朝鮮による弾道ミサイル発射を受け、日本に具体的な脅威が迫る中、勝共UNITE KANSAIの大学生たちは「憲法9条では日本を守れない!」と声高に叫びながら、日米韓の安全保障上の緊密な連携を訴えました。

 

 また、午後7時から大阪駅前で女子大生による遊説隊・勝共UNITE KANSAI girls(通称 U. girls)が演説を行い、5月3日の憲法記念日を前に、有事やテロ、大災害などに備えるため、憲法に「緊急事態条項」を新設することを力説。

 

 さらに、北朝鮮や中国の軍事的な脅威を前に、「憲法9条では日本は守れません!」と聴衆に訴えかけました。

 

 神戸や大阪の街頭演説には、政治家志望の新入生や、高校時代からUNITEに憧れていたという新女子大生も参加し、勝共UNITE KANSAIの堂々とした演説に感銘を受けていました。

 

 勝共UNITEでは、5月と6月、各地で研修会を行う予定です。

 

 今後は、勝共UNITEの一員として、一緒に活動できるメンバーを募集する予定ですので、詳細はまた改めてお伝えします。

 

 憲法改正を含む、教育映像はこちら

 勝共オピニオンサイトRASHINBANの特集『「憲法」を取り戻せ』はこちらをご覧ください。